手作り海老入りがんも蕎麦
■材料 2人分
  • そば(越前生そば)  … 1袋
  • あご入りだし     … 1袋(2人分)
  • 水          … 4cup
  • みりん        … 小さじ2
  • 豆腐(木綿)     … 1/3丁
  • 海老(中)      … 6尾
  • 大和芋(or山芋)   … 50g
  • 玉ねぎ(みじん切り) … 1/6個
  • 三つ葉        … 12本
  • 塩          … ひとつまみ
  • 片栗粉        … 大さじ1
  • 揚げ油        … 適量
■作り方
① 水切りして裏ごした豆腐 ・ 殻と背わたを取って5等分に切った海老 ・ すりおろした大和芋 ・ 玉ねぎ ・ 刻んだ三つ葉の軸 ・塩・ 片栗粉を混ぜ合わせる。
② ①をスプーンで丸め(4~6個)、160℃の油できつね色に揚げる。
③ 鍋に水を入れて火にかけ、沸騰したら“あご入りだし”を入れ、6~7分煮出したら取り出し、みりんを加える。
④ 鍋に湯を沸かしてそばを袋の表示通りにゆで、冷水でしめる。軽く湯通して器に盛り、③をかけ、②・三つ葉の葉をのせる。
大和芋が入ったもっちり熱々の“がんもどき”に、ほんのり甘い“あご入りだし”をたっぷり含ませてお召し上がりください。
このレシピで使用した商品
手作り海老入りがんも蕎麦
越前生そば 200g
勝山指導のもと、越前そばを手掛ける麺職人が丹精込めて作った本格蕎麦。香りのよさは抜群です。 越前なまそばについて・・・ 勝山が全国のそば産地を訪ね歩いた中、越前(福井県)のそばに巡り合いました。 様々なそばの産地がある中で、特に香りが良く美味しい越前そばに感動し、ぜひ独自のブレンドでそばを造りたいと思うようになりました。 福井県産のそば粉と勝山オリジナルの小麦粉を合わせ、豊かなそばの香りともちもちとしたコシを引き出しました。 また、昔、縁あって修行として弊社に勤めていた人物が、今は福井県にある実感のそば製造を継いでおり、その人に仕上げてもらうことができました。 勝山が大切にしている「ご縁」と「麺造りへの情熱」が生んだ、この時季だけの美味しさをぜひお楽しみください。
手作り海老入りがんも蕎麦
あご入りだし
あご(トビウオ)の他、北海道産昆布・かつお・さば・うるめの雑ぶしがほどよく調和して、まろやかな風味を奏でます。老舗料亭の味。味付け済みですのでそのまま使えます。 上品なおだしに仕上げています。600~800ミリリットルのお湯に1パックが適量です。
カテゴリー: おいしいレシピ-あご入りだし パーマリンク
*にほんブログ村さんに参加してます
三輪山勝 料理ブログ 麺類(レシピ)へ 三輪山勝 グルメブログへ 三輪山勝 料理ブログへ